徹夜をするなら効率よく計画的に

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

テスト前や課題やレポート提出前夜は、根を詰めて徹夜をする・・・という、全くもって非効率的で内容のない行為にハマっていた時期がありました。でもどうせやるなら正しい徹夜をマスターすべきです。

何かに追い込まれてしまい、寝ない行為として徹夜という選択肢を最大の解決方法として実行に移してしまうことがよくあります。
よく「やむを得ず」という表現がありますが、回避が難しい状況下においては、その徹夜という行為をしっかりと科学的且つ効果的に行うことが最善策であると考えられます。

そもそも「徹夜」とは?

何かに追われて道が塞がってくると、この徹夜という単語がどこからともなく浮かび上がってきます。
文字通り”夜を徹する”ことがその定義とされがちですが、主に夜間に活動を行うサイクルにおいては、日中に行動をする人が大半である状況下で、スケジュール自体が異なっているというものになるため、徹夜とは定義できません。

しかし、デッドラインが予め設定されており、目に見えてカウントダウンがされてきたのであれば、それをクリアするために行動する・・・つまりは睡眠を取らずに行動する行為こそが、徹夜と認定することができます。
しかし、果たしてその方法は、その目的にを完遂するに値するものでしょうか?

体とパフォーマンスへの影響を考えるべき!

眠ることは、健康を維持するために必要不可欠なものです。
それを否定するような行為としての徹夜は、果たしてすべきか?・・・すべきではありません。
徹夜明けの翌日のパフォーマンスへの悪影響は、ほぼ間違いなく存在します。
但し、事前にその準備として昼寝ができていたり、翌日は仕事が休み若しくは極端に作業量が少なかったり、今までかなり健康的な生活が送れていたなどといったケースは例外としてあげられます。
そこで、どうせ徹夜をするのであれば、しっかりと事前準備を行い、気持ちと考えを整えて臨むメソッドについて考えてみます。

1. 昼寝をする
–> 睡眠不足に陥らないようにする。睡眠の蓄えを意識する。

2. タンパク質を摂取する
–> 炭水化物を摂取すると、眠気の原因になる。

3. カフェインを摂取する
–> 実行日の前日と当日はカフェイン断ちをすると効果的。

4. 運動をする
–> 血流が良くなり脳が活性化する。


参照
〆切前のあなたに贈る「完全徹夜マニュアル」 : ライフハッカー[日本版]

凄くシンプルではあるけれど、小細工はなしで臨むことがポイントのようです。
徹夜明けの過ごし方にもしっかりと気をつけ、普段通りの生活に戻ることを意識し、なるべくいつもの就寝時間まで寝ないことがいいそうです。
どうしてもしなければならない状況であれば仕方がありませんが、やはりこの徹夜という行動は、なるべく回避していくことが望ましいようです。</p>

コレはスゴイ!MadlibのRealtimeBeatMakingが観れた・・・♪(゚∀゚)
↓↓↓↓↓↓↓↓
Madlib Makes a Beat w/ Sony’s MVR – LA to Tokyo

Editor’s Note

週末は子供たちと公園にいくのが定番化してきました。
暖かくなってきたので気持ちが良いものです。
しかし、普段の運動不足が影響し、翌日の残疲労感は避けられません。
今年の課題「夏バテをしない」に向けて、着々と準備をしています。
仙台のホームページ制作は、安心価格・明朗会計・フルサポートが標準搭載のクリームデザインにお任せください。
24時間絶賛受付中です。(`・ω・´)ゞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする