リアルでワガママなスタイル

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

自分に正直でワガママに

世の中には「善人の罠」なるものが存在するそうです。
よりクリエイティブになろうとするときほど、それが障害になるようです。

そもそも、「善人の罠」とは・・・?

自分のやりたいことを断念することで、良い人間であろうとする。
結果的に、自らの創造性から離れてしまうが、
『自分は良い事をしているのだ!!』
という偽りの精神性を培っていくことになる。
・・・ということらしいです。
 
これは自己否定の1つで、世間体を保ちたい、大人でありたいという心の突き上げが表現者(アーティスト)をダメにし、終わらせてしまうようです。
 

<良い人だと思われたい>
<人に役に立つ人間でありたい>
<利他的な人間でありい>
<寛大な心を持ち、世の中に尽くしたい>

などといった、誰しも思うことが心の底から求めていることではなく、
【放っておかれること】が潜在的に望んでいることのようです。

自分勝手であると思われたくないから、自分を見失い、自己破壊的(自分の本性に対し、破壊的であること)になります。
どうやら創作活動を行なっていく上で、この「罠」から脱することが必要みたいです。
孤独になることを恐れずに、我儘に生きていくことが大事だよ・・・ということでしょうか。

↓↓爽やかすぎて朝に聞きたくなります♪(゚∀゚)
Des’ree – Life

Editor’s Note

最近になってやっとスマートフォンでの通話に慣れてきました。
そして意外と端末自体をいじらなくなりました。
性格上、落ち着いた「ゾーン」に入ったようです。
ホームページもデザイン</a>も、このゾーンに入ったら、次のステップに向かうタイミングです。
是非とも一声かけて下さい。きっとムダのないアドバイスはお約束できます。
お気軽にご相談くださいませ~。(`・ω・´)ゞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする