WEBサービスのパスワード忘れにはMacのキーチェーンが解決してくれる

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

たくさんの便利なWEBサービスを利用していると、IDやパスワードが必要不可欠になってきます。自分なりにルールはあるものの、サービス毎に制限などがあり、利用するすべてのサービスでそれらを統一していくことは非常に難しいのが現状です。そんななかでMacでパスワード忘れを解決してくれるツールがありました。

個人的に非常に面倒くさがりな性格だと把握していますが、特にこのWEBサービスにおけるIDとパスワードの管理については毎度苦しめられています。忘れっぽいので、IDはなるべく統一しつつ、利用メールアドレスもGmail一本化、そして問題のパスワードは英語だけ・英数字の混合・6文字以上・8文字以上・12文字以上などといったバリエーションでパターンを定めています。

しかし、かなりの確率でダメな場合が多いです。
本当にザンネン過ぎますが、久しぶりに利用するサービスではほぼパスワード忘れの手続きをとっています。
原因は、先の法則をすっ飛ばして勝手にアレンジしている自分がいるようです。
結局はしっかりしているようでできておらず、根本的に忘れ屋体質のようです、ハイ。
そんな中で、Macの「キーチェーンアクセス」を使うと、簡単に今まで保存したIDやパスワードが確認できるという事を知りました。

このMacのキーチェーンアクセスには、今まで保存したサービスのIDやパスワードが保存されているらしく、これらを参照することでこのウッカリな状況から抜け出せるというすぐれものです。
確認方法はいたって簡単で、キーチェーンアクセスを起動し、「ログイン」項目よりズラッとリストとして並んで表示されます。
任意のサービスを探す場合は、絞り込み検索をし、いとも簡単にヒットするはずです。
任意の項目をクリック数すると、その詳細が表示され左下にある「パスワード表示」というチェックボックスがあるので端末のパスワードを入れてあげるとパッと表示されます。
なかなかこの「キーチェーンアクセス」というものを起動する機会がなかったのですが、こういったピンポイントで非常に存在感のあるパフォーマンスをしてくれることに改めてMacの使いやすさを感じることができました。

マチガイナイGangstarr♪久しぶりに聴いても体にしっくりとハマって自然と体が反応してきます☆(゚∀゚)
↓↓↓↓↓↓
Gangstarr – You Know My Steez

Editor’s Note

本年もよろしくお願いします。
本日から仕事始め・・・のはずでしたが、訳あって年始の2日間のみ休んで、あとは大体作業に没頭していました。
まぁ、忙しいことはいいことで、でも年末年始の感覚はしっかりと味わいたいということで、アレコレと頭の切り換えを行い過ぎて少し疲労感が残っています。
仙台の年越しは非常に天気も良く、穏やかに過ごすことができました。
今年も自然体で、フリーランスのスタンスを大いに楽しんで毎日を充実させたものにしていきたいです。
あとは体を鍛える。筋トレなどではなく、病気にならないようにする免疫力と、どんなに忙しくても外に出て歩いたり街に出たりすることを習慣化し、「◯◯しっ放し」状態を慢性化せないようにします。
本年もクリームデザインは、ホームページ制作と販売促進のサポート、デザイン全般のお手伝いを徹底して行っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする