Webデザインに役立つ!黄金比、白銀比の比率計算ツール

仙台のホームページ制作はクリームデザイン

バランスと比率に気を使う

デザインする際にはバランスと比率が重要です。
美しく「魅せる」ためには、盛ったり飾ったりするだけではなく、こういった計算も見落とせません。
どうにかして手軽にスマートに、このメソッドを攻略したいものです。

デザインでは、美しく魅せるための比率を考えなければなりません。
比率にも種類があり、黄金比、白銀比、青銅比、白銀比、第二黄金比などなど。
主立っては、「黄金比」と「白銀比」がメジャーなもので、下記サイトにて自動的に計算してくれるので、要チェックです。

四角形の比率のこと。1:1+√5/2。近似値は1:1.618。この長方形のことを「黄金長方形」という。この考え方の起源は、紀元前古代ギリシャのピタゴラス学派に端を発する。黄金比はヨーロッパでは古くから最も美しい長方形として親しまれ、ルーブル美術館に所蔵のミロのビーナス、パリの凱旋門、ギリシャの遺跡パルテノン神殿などにも、黄金比の比率が使われている。

参照黄金比 とは – コトバンク

1 : √2 = 1 : 1.414…で表される比率のこと。
用紙等のサイズで使われる。別名は大和比。
白銀比で構成された長方形は、長辺で2等分すると、元の白銀比の長方形と相似になる。
正方形の一辺と、対角線の長さの比に等しい数学定数であり、無理比のひとつである。

参照
白銀比とは – はてなキーワード

 
 
http://getratio.com/

Get Ratio

http://grid.mindplay.dk/

Grid Designer2

Webブラウザ上でリアルタイムに算出した数値でのレイアウトが表示できます。

「なんかイイカンジ」「キレイで気に入った」・・・などといったサイトには、必ず何かしらの法則があるようです。
比率を気にし、こだわるならば、電卓を用意してアレコレ考えるより、便利なWebサービスを活用したいものです。

↓↓シンプル DE ノレます♪(゚∀゚)
Gnarls Barkley – Crazy

Editor’s Note

久しぶりに100MB超えのデータをブン回す作業をしました。
しかも同時に複数個です。
結果的にPCは熱い波動を吐き出し、お疲れモードです。
Webの案件と印刷/紙の案件をまんべんなく承ってます。
しかし、ボクのCPUが「px/ピクセル」と「mm/ミリ」との切り替えの狭間でウンウン唸っているのも事実です。
そんなこんなで、仙台のホームページ作成も、デザイン制作も絶賛承り中です。
お客さまのご相談に最善のご提案とサポートをお約束します。(`・ω・´)ゞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする