気になる!ブラウザ上でコードが書ける!動作テストまでできるオンラインコードエディタ新Thimble

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

今回紹介するのは、ブラウザ上でHTML、CSS、JavaScriptが書けて、しかも動作テストができちゃうオンラインコードエディタ「Thimble」です。
こちらは、人気ブラウザの「Firefox」やメールクライアント「Thunderbird」で有名なMozilla製です。

Mozillaは2012年に”HTMLとCSSとJavaScriptの基礎を教えるためのコードエディタ”としてThimbleを発表しましたが、その後、ブラウザ上のコードエディタはBracketsや、完全なIDEのNitrousが人気者になったためにすっかり影を潜めてしまいました。
しかし今回Mozillaは、Thimbleを再発表し、デザインを大幅に変え、たくさんの新しい機能を導入したようです。

Bracketsと同じ?

AdobeがサポートしているオープンソースのBracketsがベースとなっていて、WEB開発の基礎を教えるための教材、という位置づけのようです。
Mozillaは、教材を自分で選ぶことのできる教育者とその生徒たちにこのプロジェクトを勧めるとともに、個人の学習者の独学のための利用もねらっていとのことです。

新しいThimbleは何が違うの?

新しいバージョンのThimbleは、背景が選べます(黒地と白地のどちらか)。
また、カラーピッカー(色指定)や、ファイルとプロジェクトへアクセスしやすいようサポートされています。
旧バージョンでは、1つのプロジェクト作成のみだけでしたが、今回の新バージョンは複数のWebページを管理しリンクできます。
最近のモバイル対応ニーズに合わせて、Thimbleはしっかり対応しているようです。
プレビューモードでは、モバイルの画面も見ることができ、zipされているサイトも、ファイルをエディタにドラッグするだけでインポートできちゃいます。そして、ファイルの自動保存、エクシテンションのサポートも加わりました。

こうなったら使うしかない

もうここまででお腹いっぱいなのに、とどめは・・・
「全てのブラウザ上でも使える!」とのことです。
”Mozillaのプロジェクト”なのにですよ?

Oh, my Thimble!
※ 意味不明。

試さない理由は見当たりませんね。。
今日はここまで♪

Editor’s Note

久しぶりにMozillaからインパクトのデカいニュースですね。
Firefoxもパンチの効いた動きがあるといいですねぇ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする