WEBで売上増加の行動心理学について

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

販売促進に関わる戦略を練る

ホームページ上でビジネスを行うということについて、気軽に参加でき経費も抑えられるフィールドであると安易に考えがちです。WEB上にサイトを公開さえ出来れば、反響があり売れることは理想や目標であり、絶対的な方程式ではありません。

何事も相手の立場を考え、考えや気持ちなどをトレースすることが重要です。「心理学」という括りにおいては、様々な状況などを想定し、その因果関係や裏側の真実を探ることがベーシックなものであります。

専門的にそれらを学んだり関わっていなければ、自ら書籍からやその道に詳しい方から教えを請うことから始めていきます。販売促進に関するモノの見方・考え方・捉え方についても同じことで、日頃から意識することで見て触れるもの全てをそのフィルターを通すトレーニングになります。

WEB上での売上を伸ばすためにすること……もしかすると、実店舗経営のそれと同等かそれ以上の工夫と心遣いも必要になってくるのかもしれません。「行動心理学」というものに触れ、それらを次のアクションに反映させていくことは、販売・提供側の心理と購買側の心理を効率よくコントロールしていく上で、鍵となるポイントになることは間違いなさそうです。

個人的に「自己啓発本」が苦手なので、こういった一般的な情報を取り入れ、考えて理解し咀嚼することで、現状の最善策に結びつけていくことがある意味では方程式になっているかもしれません。

『思い立ったが吉日』なら、その日以降はすべて凶日  by トリコ
 

弾けんばかりのFUNK!! Poppin’ Danceではお馴染みデス♪(゚∀゚)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Cameo – Candy

Editor’s Note

昨日、アポの合間にマックでMacをカタカタして来ました。
しかし、スマートフォンでのテザリングは便利ですね。簡単なことは大体サクッとできちゃいます。
今回はあくまでも緊急性の高い状況だったのでやむ無しです。
基本的にはコーヒー飲みながらマッタリ派です。
クリームデザインでは、カフェでまったりしながらの打合せを推奨しています。
少し語弊がありますが、あえて外に出てミーティングすることで、より新鮮で斬新なものが得られることが多いという経験をしているからです。
販売促進に関する問題解決の糸口や突破法など、思いもよらないタイミングやシチュエーションに絡み合ってくるものです。
どうぞお気軽にご相談下さい。疲れ知らずのお問合せフォームが、24時間絶賛受付しています。(`・ω・´)ゞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする