ホームページ上で写真使用時に気をつけること

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

写真が与える印象と効果について

写真は、ホームページの良し悪しというか、イメージをよりハッキリとしたものにするのに必要な要素といっても過言ではありません。選択・加工・配置などにおけるセンスは、何気なくても大きな影響力を持っていることを忘れてはなりません。但し、あくまでデザインの話なので、センスよりは論理的且つメソッドを押さえていけば何ら問題が内容にも思われます。

ホームページ上での写真の使い方にコレといったルールはないけれど、制作サイドのクセや手法がにじみ出てくることが結構あります。良ければOK!悪ければ残念・・・これの繰り返しなので、後者の成果物においては残念スパイラル&無限ループといったところでしょうか。

ポイントは◯◯個・・・のようなものではなく、あくまでもキッカケとなればいいと思います。
少しでも響いて、少しでもナルホドと感じ・思えることがあれば合格ラインです。

最近では、デジタル一眼レフにハマっている人たちが急増しているとのことですから、素材サイトから購入したり、プロのカメラマンに依頼したりするよりも、比較的安価でイメージ通りの構図での素材をイイカンジに撮ってもらえそうな気がします。
その前に、自分自身がもっと写真のスキルを上げていかねばなりませんが・・・。

曲は間違いのいのですが、PVがここまでアガってるとは・・・♪曲に合わせたサンプリングが絶妙です☆(゚∀゚)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Ugly Duckling – Turn It Up

Editor’s Note

病み上がりに久しぶりのタイピングということもあってか、タイプミスが激しい状態です。
知人に、「ローマ字打ちよりひらがな打ちの方が断然タイプスピードは上がる!」としつこく勧められています。まぁしかし何でしょう、ボクのキーボードは「US仕様」なんですよねぇ・・・。
なかなか、うまいこといきません。1分でも早くタイピングの勘が戻ってくるように、ひたすら打ちべし!です。
クリームデザインでは、新規のお客さまにシークレットな特典を付けさせていただいています。価格面でのクーポン的なものから、プラスもう1サイト的なものまで。ご依頼内容にもよりますが、結構なお得感を感じてもらえると思います。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。24時間絶賛受付中です。
(`・ω・´)ゞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする