FireworksとPhotoshop間での誤解について

仙台のホームページ制作ならクリームデザイン

双方の良い部分を最大限に活かす

WebデザインはメインでFireworksを使っています。画像の細かな加工やコラージュ等、Photoshopでやった方がいい作業は勿論、Photoshopです。今回のエントリーで、今まで双方での誤解があったため、無意識に線引をしてしまっていた点を解消できそうです。

今年に入って、Adobeから「Fireworksのメジャーアップデート終了」を告げられました。特段、ショックはなかったものの、このニュースに踊らされてしまえば、Fireworksユーザーは慌ててPhotoshopへの歩み寄りまたは挑戦を試みていることでしょう。
大概にして、FireworksユーザーはPhotoshopに不満点を持っているようです。
以下のエントリーで、主だった点が解消されそうです。

1.ピクセルに最適化されていない
2.シンボルがない
3.オブジェクトを直接選択できない
4.シェイプの大きさや位置を数値で指定できない
5.角丸の大きさを後から変更できない
6.「線」が使えない
7.色やフォントの検索・置換ができない
8.複雑なパスの操作ができない
9.カスタムアンチエイリアスができない
10.レイヤースタイルのコピーができない
11.スライスが面倒くさい
12.ページ機能やステート機能がない


参照
FireworksユーザーがPhotoshopではできないと思っている12の機能 | 誠
とにかくあまり決め付けすぎずに少しずつでも使っていくことが大事だと思いますね。
◎Fwユーザー → Psは重たい、難しそう
◎Psユーザー → Fwちゃちい、Psで事足りてるし…
お互いの認識と決め付けを、「まず使ってみる」運動から距離を縮めていきたいものです。
 
 
ウ~ン、カッコイイっすねぇ♪このトラックはネタはツボです☆(゚∀゚)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Jennifer Lopez – Jenny from the Block
 

Editor’s Note

このブログのWordPressテーマを変更するか、それとも普通にHTMLにてガチでオリジナルブログを作成するかを考え中です。どちらもアリなんですが、どうしてもあと一歩が踏み出せない。そして微妙にじっくりと考えている時間がないというありがたい事実。
あと、以外にこのブログでのプチキャンペーン告知は効果があるというオドロキの結果もあります。
どうしたものでしょうか。ここはひとつ「レスポンシブ・チャレンジ」といってみましょうか?
クリームデザインでは、仙台のホームページ制作と販売促進のご相談を承っております。最近では、オンラインショップを検討しているという内容のお問い合わせを多数頂いております。
敷居の高さや予算などに関するご相談、喜んでお応えします。
とにかく一歩を踏み出してみましょう。24時間絶賛受付中です。
(`・ω・´)ゞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする